TEACHER講師紹介
TEACHER講師紹介

名古屋市の当学習塾は個別指導を徹底しています

名古屋市の当学習塾は最適な設備環境で授業に集中できます

名古屋市の学習塾NEVOSでは、生徒さん一人ひとりがどこに向かいたいかをお聞きし逆算でスケジュールをご提案します。
1生単位の目標を、1ヶ月単位、1週間単位、1日単位に落としこんでそれぞれ決めていき、確実にこなしていくことが大切です。
そうすることで、遠回りせずにまっすぐ進めます。
名古屋市の当学習塾で基礎固めをしてさらに入試対策に絞り込んで学習し、入試問題解法のテクニックを身につければ驚くほど成績をアップさせることもできます。
まずは、ぜひNEVOSの個別相談にお越しください。

大河原先生

大河原 充人

徹底管理指導塾NEVOS 塾長

講師歴:8年目

趣味:映画鑑賞(洋画ばっかり観ます)、英語の勉強、筋トレ

 

みなさん初めまして!徹底管理指導塾NEVOS(ネヴォス)塾長の大河原と申します。

まず、「徹底管理指導塾NEVOSとはどんな塾なのか?」を端的に表すならば、「学校の定期試験対策をする中で高校入試レベルの問題まで解けるようになる個別指導塾」です。現在多くの塾がある中で、私たちと他塾との違いは管理の“徹底さ”にあります。毎日やるべきことは個別に日割りで課し、自習の状況を管理します。自習室は月曜日から日曜日まで毎日開いており、いつでも質問できます。このような管理の徹底によって成績を向上させ、学習習慣の定着を図っています。

 

例えば、

「また宿題が終わらず休みが明けちゃった」

「今回もテスト勉強が一夜漬けになっちゃった」

「家ではなかなか勉強できない」

 

なんて状況は、部活が忙しい、成績が伸び悩んでいる、学習習慣が身についていないお子さんにとって、悪い意味で習慣化してしまっているのではないでしょうか。「学校で習ったことがよく分からない→宿題を先延ばしにする→最終的に間に合わないので宿題を写す→復習ができていないからもっと分からなくなる」の悪循環は 1 人ではなかなか断ち切れるものではありませんよね。このサイクルから抜け出すには学習習慣の定着しか解決策はありません。

 

NEVOS の授業は予習中心ですが、最終的に学校の宿題が 1 人でこなせ るようになることを目標に問題作成、授業構成がされており、確認テストも実施されます。NEVOSでは、生徒たちが課題を出題美に自分できちんと解いたかどうかを必ず確認します(もちろん一人一人の状況に合わせて、毎日課題を修正します)。このような宿題管理の“徹底さ”によって、 学習習慣の定着を図っています。NEVOS は全ての学習の基礎である学習習慣の定着を第一に優先します。

志水先生

志水 稜太郎

担当科目:英語数学算数理科社会国語

講師歴:6年目

趣味:将棋を指すこと、小説を読むこと

合格実績:向陽高校、桜台高校、名東高校、昭和高校などなど

 

今まで御幸山中学校の生徒を中心に高校受験指導と中学受験指導を行ってきました。

これまでの経験からわかった一つのことは、「中学生は勉強に怠惰である」ということ。

 

思えば、僕も中学時代は一切勉強せず、部活から帰ると親に隠れてPSP(ゲーム)をしていたものです。ですので中学生たちの気持ちは痛いほどよくわかるのです。

その後、高校受験をし、無事合格したものの、そこは県の中でも偏差値50ほどの県立高校。授業中に携帯をいじったり、音楽を聴いたり、などが当たり前。(笑)

 

そんな酷い状態だった僕だからこそ、勉強に怠惰である中学生に深く寄り添えるのだと思っています。

また、問題につまづく理由を、本人と同じ程度に理解できるのだと思っています。

 

 

さて、僕が塾講師になるまでの話はおいといて、

話を戻します(笑)

「中学生は勉強に怠惰である」ということへの、僕の対策は ①塾で自習を強制すること ②宿題を日割りで出すこと です。

 

まず僕は中学生が「勉強に怠惰」であることを変えようとは思っていません。それは確かに変わってくれればうれしいですが、そこには大きなキッカケが必要だと思うんです。そんなキッカケ、中学生の短い3年間のなかではなかなか訪れるものではないでしょう。

ですので、怠惰であることは妥協すべきだと思うんです。そうすれば、それに対する対策が練れます!

 

そしてその対策の一つ目が①塾で自習を強制することなんです。

 怠惰である以上、自主性を信じていてはいけません。中学生の「やる」には常に「いつの日か」という意味が隠れていると僕は確信しています。

そして、そのいつかは永遠にやってこないわけです。

 また、中学生は家で勉強することができません。そもそも大人でさえ、家で仕事ができないからファミレスや喫茶店を利用される方は大勢います。自我が完成し、成熟した大人ですら難しいことを、なぜ子どもである中学生ができるのでしょうか。

 

以上二つのことから考えられる対策は「①の自習の強制」なんです。

強制と聞くとマイナスのイメージがありますが、実際はそうではありません。

 

基本的に生徒との信頼関係が構築されるまでは、「塾に来なさい!!」と語気を強く言うことは一切ありませんのでご安心ください。(^^♪

 

この対策をはじめ、現在の塾生の自習室利用日数は週5日程度と驚異の日数になっています。

その内、慣れてくると、「塾にくるように」と声掛けしなくても来るようになります。これが完璧な学習習慣とはいいがたいですが、型は身についてくるわけです。

 

先ほどの自習室利用日数は全学年合わせての結果です。

普通の個別指導塾であれば、授業のある日にしか塾に行かない。なんて生徒もざらにいますが、NEVOSでは一切そういった生徒はおりません。

 

 

二つ目の対策である「②宿題を日割りで出す」ことは、手前味噌ではありますが、非常に効用の高いものです。

以前試験的に高校生に対しても数十人の講師でこれを行ってみたのですが、どうにもうまくいきませんでした。

しかし、中学生、小学生に対しては効果が絶大であることが確認されました。

その効果は具体的に以下のようなものです。

 

1)宿題の量

通常、塾からの宿題というのは、「一週間後の次の授業までにここからここまでやっておいて」というものが多いでしょう。

しかし、ここには問題点が多くあって、例えば10ページ以上出すと多いと文句をいわれる、であったり授業の前日に宿題を終わらせるということが発生してしまうんです。僕自身もそうでした。

 

しかし日割りの宿題で出すと、10ページだって平日に2ページずつやれば終わるわけでしょう。逆に土日やらなくていいの!?と喜ばれます。

 

2)宿題のペース

日割りで出しているので最終日に終わらせることなどありえません。①の効果でほぼ毎日塾に来ているわけで、やってなかったら一瞬でばれるわけです。

これによって勉強のペースがつくられ、学習習慣の型が形成されます。

 

3)「なにをやればいい」がなくなる

毎日やるべきことが書かれているので「何をやればいいんだ」と悩む必要がありません。

勉強の計画は講師が立て、生徒は問題に集中できるわけです。

 

 

このようなメリットが非常に魅力的なわけです。

 

 

ここまで、2つの対策を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

もしお子様に対しても効果がありそうだなとお思いになられた場合は一度、NEVOS(ネボス)を体験しに来てください。

 

新たな出会いを心からお待ちしております。

名古屋市の学習塾NEVOSは、小学生、中学生の子どもの勉強の悩みを解決します。
子どもたちが自ら考える力、高い目標を設定する力、困難な目標に挑戦し乗り越える力、そんな子どもたち一人ひとりの力を引き出し、やり遂げるまで導きます。
名古屋市の学習塾NEVOSに、中1、2から塾に通いはじめていただければ、前学年の復習と今の学習内容を並行して学習することができます。
苦手な科目や不得意分野があっても、中1、2の今から取り組んで高校入試までに克服すれば安心です。
早い学年のうちに走り始めていれば、3年になって受験対策の勉強にスムーズに取り組めるでしょうし余力をもってマイペースで走ることができると思います。
プロの講師が自分で考える力をつける指導を行い、学習習慣を身につけるとともに、自己学習能力を高めていきますので、まずは、無料相談にお越しください。