NEVOSブログ
BLOG

常に学びを「体系化」することで、頭の中が整理されていく

2022/05/25

NEVOS塾長(高等部専任講師)の大河原です!

 

 

 

 

突然ですが、皆さんは部屋の中が整理整頓されていますでしょうか?

 

 

 

 

僕はなかなか部屋をきれいに保つのが苦手なタイプでして、これではマズイ!と思って先日一気にいらないものを断捨離しました笑

 

 

 

 

いらないものを大量に捨て、あるべきものをあるべき場所に戻したことで部屋の中がとてもスッキリして、それと同時に気持ちも非常にスッキリしました✨

 

 

 

 

やはり整理整頓された状態というのは精神衛生上、とても大切なんですね。

 

 

 

 

さて、今日はこの「整理整頓」と「学問」とのつながり的なお話をしようと思います。

 

 

 

 

結論からお伝えしますと、自分の頭の中も、自分の部屋の中と同じように整理整頓された状態にしていこう!ということです。

 

 

 

 

「体系的に学ぼう」とか「体系化して覚えよう」とか、「体系化」って言葉をよく耳にすると思います。

 

 

 

 

この体系化というのは木のようなイメージで「樹形図」や「マインドマップ」なんて呼ばれます。

 

9673876C-C20B-4877-9713-B842..

 

一例として英文法の「不定詞」について僕の頭の中でどう整理されているのかを書いてみました↑(ちょっと簡略化したバージョンです💦)

 

 

 

 

大きな括りでまとまったものから小さな括りでまとまったものへと枝分かれしていくように、描かれていますね。

 

 

 

 

僕は、樹形図というよりも「記憶の引き出し」という言葉を良く使うのですが、イメージとしては引き出しを開けたらそこにさらにいくつかの引き出しがあって、決まった括りのまとまりごとにラベルが貼ってあるイメージです(余計わかりにくいかも笑)

 

pexels-iva-prime-2052938-2.jpg

 

僕の頭の中では、基本的に学んだことは全部「引き出しを作ってしまいこむ」イメージで体系化されており、思い出したい時にいつでも決まったルートで思い出すルーティーンが出来上がっているので、自分の記憶に非常に自信と安心感があります。

 

 

 

 

学んだことを体系化していくのは非常に簡単なので、ぜひ皆さんも試してみてください!

 

 

 

 

引き出しを作るイメージでやってみましょう!
(わかりづらければ、樹形図のイメージも可!笑)

 

 

 

 

大河原

 

 

 

 

スクリーンショット 2022-06-0..