BLOGブログ
BLOG

「9月始業」は大きな学力差を生む

2020/05/01

皆さんこんにちは

塾講師の志水です

 

 

いやーコロナの勢いは止まる気配すらありませんね。

最近になって9月始業と言う短兵急なアイディアも出始めました。

グローバルスタンダードの名の下に非常に魅力的な案です。

 

尾木ママという方も賛嘆している案で、新型コロナが日本の教育を変えてくれるとポジティブに捉えております。

 

 

「9月始業になれば、日本の高校野球がアメリカの大会に出られるようになり、キャリアアップにつながるだろう」

 

これは面白いですね!野球にかかわらずどんなスポーツでも可能性が広がりそうです。

 

 

また

「日本の教育の履修主義的な、理解度よりも授業をしたと言う事実を重んじる、そんな考えに一石を投じるだろう」という意見もあります。

 

僕もそう思いますよ。僕ら塾講師はその履修主義的な日本教育のおかげで生きているわけですが、、、

 

 

 

まぁ、このように「9月始業」というのは大きな意味があるのだと思います。

 

 

 

しかし、僕が気になったのは

「9月始業にする事で教育格差が減る」

ということ。

 

確かに非受験生にとってはその通りかもしれません。公教育の機会均等は担保されます。

 

 

しかし、受験生を見ている現場からするとそれは大きな間違いであると言わざるを得ません。

 

 

現在休校している塾もありますが、オンラインをうまく使い継続している塾の多くは既に気づいております。

 

「今年の受験生は昨年度の受験生よりも圧倒的に質が高くなっていることに。」

 

 

たった2ヶ月、学校が休校しただけなのですが、例えば当塾の生徒だけでみても、英数理社は一学期の予習をすでに終え、夏期に行う予定の受験用復習教材に手をつけ始めております。

 

 

(当塾の受験生は現在、学年順位50〜100位前後/200人です。)

 

 

このまま9月に始業となった場合、あと4ヶ月フリーな時間が与えられるわけです。

無理をせずとも3年生のすべての予習は終わります。そして9月からは過去問に手をつけられるでしょう。

 

 

とても大きな学力の壁ができあがるのです。

 

 

勉強していない子供やその親たちは手を止めてくれと願うかもしれませんが、それは無理なのです。

 

 

他塾の生徒はこの休校中1日6時間以上勉強に費やしている。

 

ここで手を止めれば彼らに自塾の生徒が負け、結果不合格となってしまう。これは絶対に避けなければならない。

 

どの塾の人間もそう思っています。

 

 

だから9月始業にした場合、教育格差はむしろ広がってしまいます。

9月に初めて中学3年生の勉強をする生徒と、9月に過去問を解き始める生徒、どちらが勝るかは言葉にせずともわかります。

 

 

当塾のような中位層向けの塾ですら、こんなにも勉強が進んでいるんです。上位層向けの塾では計り知れません。

 

高校受験生は通常8月ごろからスイッチが入りますが、今年は4月から入っているのです。ぬくぬくとしてはいられません。行動してください!!

 

 

 

最後に、

「9月始業」を安易に決めてはいけません。

 

 

僕はそれよりも感染対策を万全にし早急に学校をスタートさせるべきですだと思っています。またオンライン授業を小中学生にも普及させるべきだと思います。

 

 

9月始業にしたいのであれば段階的にやっていけばいいのです。例えば年度を13ヶ月にすれば5年後には9月始業に切り替えられます。(これも色々問題はありますが)