BLOGブログ
BLOG

理由が気になる体質になろう!

2019/05/12

みなさんこんにちは、徹底管理指導塾NEVOSです!

 

問題演習をしている時、みなさんは「きちんと理由が理解できた!」という感覚を持って取り組めているでしょうか?

 

もちろんしっかり解説も読んでいるし、分からないところは質問しているから大丈夫!っていう人もいるとは思いますが、しっかり「理由」が分かるというのは実は意外と意識がされていなかったりします。

 

 

例えば、中学に上がるとすぐ正の数・負の数を習いますが、−3−5という問題ではどうでしょう。

 

もし、「マイナス同士の計算は、まず符号をとって、数字を足して、マイナスの符号を付け直して、答えは−8だ!」と考えてしまっていたら要注意です。

 

 

では、「理由」が分かるというのはどういうことか?

 

「−3−5という問題が出てきたら、まずゼロを原点とした数直線を頭に思い描き、マイナスだからゼロから左へ3動き、さらにそこから左へ5動くから、答えは−8だ!」

 

 

「マイナスというのは減ってしまうことだから、まず−3で3個減り、そこからさらに5個減る。だから合計8個減るから−8だ!」

 

 

のように、ただの表面上のやり方ではなくて、その背景にある原理原則から理解しようとするということです!

常にしっかりと「理由」を求める意識を高めていけば、深く理解することが習慣化していきますので、ぜひ意識してみてください!