BLOGブログ
BLOG

来年度使う教材をみてきました!!

2019/01/27

皆さんこんにちは!

塾講師の志水です

 

前回の更新から少し日が経ってしまいましたね。

この間、何をやっていたかといいますと、来年度使用する教材の選定を行っていたんです。

 

よく、大手の塾ですと、オリジナル教材を売りにしているところもあったりしますよね。

佐鳴の作ったオリジナル教材は見たことがありますが、圧巻ですね。中身もさることながら、表紙がすごく凝っています(笑)

 

そういったオリジナルのテキストがNEVOSにはないんです!

 

ですので、教材の展示会などに足を運び、大量の教材を自分の目で見て、来年度使う教材を選ぶわけです。

直近では1月25日には学悠出版の企画した教材展示会に行ってまいりました!その中で「31年度愛知県公立入試のポイント」もうかがってきましたので後日お話したいと思います。

 

教材に関してですが、

今日本では少子化といわれ、子どもの数が年々減っていっています。そんな中でも教材出版会社はあちこちにあるんですね。

すると、多くの競争が生まれ、各社とも下手な教材を出せず、当然のように質の高い教材が完成するわけです。

 

その質の高い教材の中から一番良いものを選び出すことはまさしく至難。10時に会場に到着してから4時間ほど、延々教材を見て回りました。

一年間の計画と毎回の授業を想像しながらですので、頭を使い、グルコース不足に陥りました。次回はチョコレートを持参したいと思いますw

 

まあそんなことはさておき、今回の展示会で来年度の使用教材は大方決定されました。

完全に決定したのち、皆さんにもお伝えできたらと思います。

 

 

余談ですが

最近の教材はユーモラスなものも多く、例えば、ボカロで理科・社会の暗記事項を覚える教材!

 

 

そもそもボカロってなんだよ、と思う方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明すると、メロディを打ち込むと歌ってくれるソフトなようです。以前はニュースにもよく出ていた初音ミクもボカロです。

 

このボカロ、正式名称ボーカロイドが大好きっていう生徒が良くいらっしゃるわけです。そういった子にとっては趣味の一環として、いやな暗記事項を歌詞と一緒に

学べるわけです。

まさしく現代ならではの勉強法ですよね!

 

これには少し怪訝な顔をされる方もいると思うのですが、生徒の中には自分の趣味、好きなものや人の名前で恐ろしいほどに記憶力を発揮する子がいるんです。

アイドルグループが好きな場合、そのグループのメンバーの名前全員を覚えてたり、CDの発売日を細かく覚えていたりします。前者は人物名、後者は年号に置き換えられるでしょう。

こういった子に対して、例えば「君はボカロの歌詞は覚えられるんだけどな~」と半ば勉強に対して、あきらめたような発言をする場面で、「君はボカロが好きだから、こんな教材が合うんじゃないかな?試してみない?」ということができるかもしれないわけです。

 

勉強において多くの子どもたちが嫌がっていることは科目を問わず単語を暗記することだと思います。

こういった狭いニーズをとらえる教材は、狭い範囲ではあるものの大きな成果を生み出すのかもしれませんね。