BLOGブログ
BLOG

苦手意識は気持ちの問題!強制的にでも立ち向かうしか改善策はない!

2018/06/11

みなさんこんにちは!徹底管理指導塾NEVOSと申します!

NEVOSは愛知県名古屋市天白区にある個別指導の学習塾(集団授業もあり)として、学校のテストを第一に日々生徒の指導を行っています。

 

今日は、「特定の科目への苦手意識」というものに対する克服の仕方について僕の考えをシェアしていこうと思います。

 

 

皆さんは、苦手な科目というものはありますでしょうか?

 

たくさん公式覚えなきゃいけないし、文章題はどこから手をつけていいかわからないから「数学」は苦手!

 

だったり、

 

たくさん単語を覚えなきゃいけないし、長文対策といっても何から始めていいかわからないから「英語」は苦手!

 

だったり。

 

誰しも自分の得意科目がある反面、苦手科目を抱えながら日々の学校生活を送っていると思います。

 

僕は文系科目を教えているので、「英語」や「社会」が苦手だという生徒をたくさん指導してきたのですが、「◯◯」が苦手だといっている生徒には2パターンいることがわかってきました。

 

①本当にその科目との相性が悪く、苦手状態から抜け出すためのベストな勉強法や暗記法、参考書などを必要としているパターン(克服するための努力はしている)

②何らかのきっかけ(理解できない単元に出会ったり、勉強せずサボってしまった期間ができてしまった)によって「強い苦手意識」ができてしまい、その科目をさけるようになってしまったパターン(本当はやればできるのにやらない)

 

実は、①のパターンはそれほど問題ではなく、適切な勉強法に出会うことによっていくらでも改善することができます。

 

一方で、②のパターンの生徒は非常に厄介な状況にいることになります。

 

なぜなら、「強い苦手意識」によってその科目自体の勉強を避けるようになってしまっているからです。

 

自分1人でその科目に立ち向かうことがないので、適切な勉強に出会うこともなく、参考書探すこともなく、改善する可能性が0パーセントになってしまっているのです。

 

②のパターンに陥っている人は、どうしても1人では「強い苦手意識」からは抜け出せないので、必ず協力者の手を借りる必要があります。

 

そもそも、このパターンの人は何らかのきっかけによって苦手意識できてしまっただけで、実際にはやればできる状態であるのにやらない、やれば改善するチャンスがあるのにやる気が起きない、そういったもったいない状況にあるのです。

 

つまり、何らかの強制的な処置(協力者)があれば、「なんだ、やたらできるじゃん!」という状況に軌道修正することができるのです。

 

例えば、塾であれば苦手科目といえども毎週同じ時間に授業を受けることになるし、強制的に宿題を出してもらうこともできるので、徐々に「強い苦手意識」を外していくことができるようになっています。

 

苦手なものに強制的に立ち向かわされるので荒療治にはなります。

 

ですが、何らかのきっかけによって「やらず嫌い」になってしまっている人にとっては、これがベストな改善策となるのです。

 

徹底管理指導塾NEVOSでは、「やらず嫌い」の治療に全力を注いでいます!

特定の科目に「強い苦手意識」がある人は、ぜひNEVOSで一緒に苦手を改善していきましょう!